不動産売却

家を売る 不動産屋選び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブ上にいくつも存在する土地建物の一括査定サービスを活用すれば、家を売る際の参考になる見積りを簡単に、たくさんの業者から出してもらうことができます。

 

それらのサイトは登録業者のひとつひとつから加盟料を徴収して成り立っているので、売り主側の費用負担はいっさいありません。

 

営業時間等を気にすることもなく、最低限の時間と労力で多くの会社の査定を吟味できるので、ぜひ活用したいものです。

 

家を売りたいのに権利証が見つからなかったらどうなるのという質問は意外とよくあるものです。
たしかに、権利書がない状態では売却不能ですし、権利証(登記済証)の再発行も絶対に不可能です。それを可能にする方法はありますが、少し手間です。司法書士に頼んで「本人確認情報」というものを作成してもらうのです。

 

 

共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。
しかし日にちがかかる上、費用も3万から7万円くらい見ておかなければいけませんから、権利書(登記済証)の取扱いには注意しましょう。チャレンジは良いことですが、自分で売買するのが「家」の場合、危険な考えだと思います。租税、約款、法律、登記などの知識やノウハウを一人で習得できる人はいませんし、真似事で挑戦すると計算違いや訴訟などの問題も出てくるでしょう。
それなりの手数料はかかるものの、安全に安心に売買するにはその道のプロに任せる方がいいでしょう。

 

 

 

しかしどうしても自力でという希望があれば、自分で家を売却するという選択もないわけではありません。

 

 

家を売却する際は居住中かそうでないかに関わらず、掃除を欠かすことはできません。いつ掃除したのだろうという状態だったり、他人から見て不用品が多いなと感じられる状態では見に来た人は良い印象を持ちませんし、住宅の価値も下がるのではないでしょうか。
粗大ゴミや資源ごみは分別して処分し、リサイクルショップを利用するなどして不要品のないすっきりとした状態を作りましょう。もし費用に余裕があるのでしたら、住まいの片付けを専門にしている会社におまかせするという方法もあります。
原則として、該当物件の所有者の許可がないと、たとえ買手がついたとしても家の売買はできません。共同名義で所有している不動産では、物件の共有者全員が許可することにより、売却可能になります。しかし故人が所有していた物件の場合、許諾が得られないことになりますから、現状売却不可ということになります。

 

 

亡くなられた方の相続人に名義変更したうえで、あらためてその方の許諾をとって売却手続に進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通は、住居人の退去をいつにして不動産売却するかは好きに売り主が決めていいことになっています。

 

 

けれども、空いている状態で売りに出した方が高価買取が期待できます。内覧をする顧客がいても、入居者がいる場合は敬遠されても致し方ないので、できることなら初期段階で退去が完了している方がよい結果をもたらすでしょう。どんなものでも同じですが、不動産物件の売却でも価格が何より重要になるので、決定する時は、一括査定サイトを使って、いくつかの業者に査定をしてもらってください。
査定額を並べると相場が導き出せるはずですから、相場に見合った売値を決めてください。それから、不動産業者にはコンサルティングも業務内容に含まれるところがありますから、ひとまず、相談だけでも行ってみて、もし、所有物件が最高額で売れたらどのくらいになるのか考えるのも売却の際の役に立つはずです。

 

市場に出ている物件に実際に立ち入って中を見ることができるというのがモデルハウスと異なるオープンハウスの特徴です。その物件が中古で住人が立ち退く前の場合はインテリアがあるままですが、そのため「もし自分が住んだら」という想像も広がるでしょう。

 

 

 

それに、物件の周囲もあちこち見て回ると、行きやすいお店はどんなものがあるかなど毎日の生活空間もあらかじめ把握できます。

 

 

 

慌てる乞食は貰いが少ないというのは世の常ですが、とりわけ不動産売却は高額取引を行うわけですから、念には念を入れて検討していくことが重要です。

 

最も注意しなければいけないこととしては、質の悪い不動産会社を避けなくてはならないという点が挙げられます。仲介契約を締結しているはずが売ろうという姿勢が見えなかったり、非常識な安値で買いたたくような場合もあるため、気を付けて選ばなければなりません。

 

些細な点でも信頼を損なう点が見えたら、契約するべきではありません。

 

 

 

不動産売却時も税金が課されますが、気をつけるべきだとしたら譲渡所得税と住民税でしょう。これらの税は物件の売却で利益を得た場合に負担しなければならない税金となります。ですが、居住用の物件を売却した場合は、3000万円の特別控除が行われます。
加えて、所有の期間がどれだけかによって課税のされ方が変わる税金でもあるため、売却の際は要チェックです。

 

マンションや戸建ての不動産物件を売却するのなら、不動産会社と媒介契約を結ぶケースが大半ですが、媒介契約には三種あり、その一種が、専任媒介契約になります。

 

 

これを選んだら、該当物件の売却は専任媒介契約をしたところだけが仲介できるため、よその仲介で契約するのは違反になります。

 

しかし、例外にあたる事例もあり、売手が自力で買い手を探し出して、当人同士で交渉したとしても、違約金を請求されたりといったことは起こりません。専属専任媒介契約ではこのケースでも契約違反になりますから、さらに制約が厳しいといえます。

 

 

とうとう不動産を売却できることになり、既に契約が成立しているのに、売る気がなくなった、他の人に売りたいというように心境や事情が変わって売却の話をなかったことにしたいなら、契約を破棄することもできます。
ですが、代償として契約で定めた違約金の支払いや、貰ってあった手付金を倍返ししなければなりませんから、安易に契約を締結しないよう注意しましょう。不動産売却時に必ずリフォームしなければならないとは限りません。仮に何百万もつぎ込んでリフォームしたところで、それだけ売値がアップするとも言い切れません。ですから、リフォームする場合には、目に見えて内覧者が持つ印象に関わりそうな部分を集中的に選ぶのが費用対効果を上げるコツです。

 

加えて、部屋が明るく広々と感じられるように清掃なども行っておいたら過剰なリフォームは不要です。
不動産物件は文字通りなかなか売りづらくなっており、様々な費用も売却に際して発生してきます。

 

 

 

例えば主なものとして、仲介手数料を仲介業者に支払いますし、各種の不動産登記関連書類を作成してもらう司法書士への報酬、それに、譲渡税、住宅ローンを完済していない物件ならば繰り上げ返済費用もです。仲介業者を選ぶ段階で、少しでも小額の仲介手数料にできれば経費削減の一助となるでしょう。

 

 

不動産の権利書提出は、売却する際に絶対に欠かせないものです。

 

 

 

書面によって土地登記済みであることを証明するのが権利書の持つ効力であり、登記済証というのが正確な呼び名です。

 

仮に紛失してしまったり、何も読めないような状態になったとしても、新たに作ることはできません。
ですが、弁護士であったり土地家屋調査士など、さらには、司法書士の先生なんかを代理人とすれば、絶対に本人であることを証明できる情報を提供すれば、対応してもらえるでしょう。
近年、導入されたマイナンバーの提示を要求されることが家を売る際にはあるようです。

 

 

いつもというわけではなく、物件を売る人が個人で、買い手が個人ではなく不動産会社といった法人のケースに限られます。

 

 

 

その場合でも、例外もあり、不動産物件の価格が100万円以下であれば、マイナンバーの提示は必要ないとされています。

 

買主となる法人がマイナンバーの提示を求める場合があるのは、売買に際して税務署に提出する書類に記載しなくてはならないので、条件によっては提示しなくてはいけません。

 

「家を売りたい」と今思ったからと言って、ちょっとやそっとで買いたいという人が現れるわけではないのが不動産物件の難しいところです。
だとしたら、平均として不動産売却の期間は、何日程度だと思いますか。例えば、マンションだと平均で約3ヵ月、一軒家は平均6ヵ月です。

 

 

 

あくまでも平均なので、いつまで経っても売れないこともあるでしょう。
売却の計画を立てる際は、売却期間についても考慮しなければいけません。
何人かの人が名義人となっている不動産を売り渡す際には、名義人である共有者全員が承認していることが条件として求められています。

 

 

 

共有者は揃って実印の押印と署名をするものと定められているので、他の名義人に内緒で一部の共有者が売却してもその行為には効力がないものとされます。但し、個々の持ち分の扱いについては売り渡すことも可能とされていますが、通常は名義人となっている人全員が共同して金銭譲渡することになるはずです。

 

 

一般的に気付くのが難しい欠陥を購入後に買い手側が見付けた時は、瑕疵担保責任を負う売り手側に修繕を求めることができます。
不動産会社が売り手の場合、この適用期間は必ず2年間以上という規定があります。

 

 

ところが、双方が個人である取り引きではこの期間が特別定められていません。
それどころか一切の期間を設けないこともままあることです。
一軒家などを売却するケースでは、その物件の購入希望者から境界確認書を請求されることも少なくありません。その時の対応としては、土地家屋調査士に土地境界確定測量を依頼して、権利者の立ち会いの下で行ってもらい、所有している土地の面積を確定させて、それを記載した書類を作成します。

 

 

 

なぜこの書類がいることがあるのかといえば、買う予定の土地の境界線が明確になっていない不動産物件において、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、隣り合う土地の権利者とのトラブルを回避したいという思惑があるのでしょう。
不動産の売却に際しては、あらかじめ周辺の物件の相場を調査しておくことが肝心でしょう。と言うのも、不動産の価値に対して不当な査定をされたとしても相場の知識がなければ気づけないので、多大な損失を生むという残念な結果につながるからです。
それに、他の物件の相場も一種の基準として知っておくことは価格交渉の一助ともなるでしょう。少しでも豊富に情報を集めておくといいですよ。
内覧に来た人の不動産物件の印象を良くするためには、明るく清潔に、そして、少しでも広く見せるようにしてください。

 

 

 

部屋の中のライトは全て点けて、整理整頓や断捨離をして、部屋の中が広く見えるように物を減らし、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。
特にオススメなのが、水回りに水滴を残さないことです。日常的にやるのは面倒ですが、内覧前には拭き取るようにしてください。こういったことに注意すれば、グッと印象が違います。アラ探しをされるという覚悟で売ろうとする物件の手入れをしましょう。
不動産売却を普通に行う場合の流れは、始めに不動産会社にコンタクトを取ります。

 

次に、物件の評価が慎重に行われ、それに基づく査定額の提示があり、そうして特定の不動産会社と媒介契約を結ぶことにします。契約を結んだ不動産会社は宣伝活動に励み、めでたく購入希望の申し出があったら、価格交渉を行い合意の上で売買契約を締結し、代金の決済完了後、抵当権抹消に必要な手続きをとり、立ち退きを済ませて物件を買主に引き渡します。家などの不動産物件を売りたい方は、売却にあたって事前に用意しておくものに印鑑証明と実印があります。

 

 

なぜなら、法務局で行う所有権移転登記の際に使うため、買う人は印鑑証明も実印も用意しなくて問題ありません。
しかし、ローンを組むなら例外です。
このケースだとローン会社に行く際、必要なものとして印鑑証明と実印と言われるでしょう。もし、連帯保証人を必要とするなら必ずその連帯保証人の印鑑証明と実印がいります。不動産物件が売却できなくて困っていたら、売るためのコツを把握できていない可能性があります。
始めにその物件の清掃やメンテナンスが十分かどうか、今一度、チェックしてください。そして、契約を結んだ仲介業者がきちんと広告活動を行っているかも確認しておきたい点です。

 

 

最後の段階として、今の売価と周辺相場の兼ね合いについて相談することも大切です。買手が見つからない場合、今よりも少し値引きしたり、業者による買取も検討してみてください。

 

不動産売買の契約書は課税文書の一種ですから、印紙代が必要になります。不動産がいくらで売れたかで印紙代の段階は異なるので、場合によっては数十万円ともなることがあります。
しかも、売主側と買主側が別々に契約書を作成して持つ場合は、双方に印紙代がかかってしまいます。

 

 

 

ですが、このケースでは先ほどのケースとは異なる基準で税額が決定するので、注意を怠らないでください。

 

行ったこともない人も多いようですが、不動産物件を売却したら、確定申告が必要でしょう。不動産物件の売買で売却益が発生したケースでは、面倒でも確定申告をした上で、税金の一種である譲渡所得税を納めることになります。
また、損失が出た時も確定申告を行いましょう。
しっかり確定申告をしておけば、節税になる事例もあるでしょう。
脱税のリスクを回避し、節税のメリットを得るためにも不動産を売却したのなら、きちんと確定申告を行うと後悔しないでしょう。

 

 

多額の金銭をやり取りすることになる不動産売却では、必然的にある程度の経費もかかってきます。仲介を頼んだ不動産業者への仲介手数料も高い売却額が得られればその分高額になるものですし、取引で利益が出た場合、譲渡所得税が課されることもあります。

 

取引に使う書類の作成や印紙代といった出費もあるでしょう。

 

また、住宅物件を売却するのであれば、引っ越しの出費も見込んでおかなければならないでしょう。不動産物件の売却先を探している間は少しでも早く売却先が見つかればいいなと思うでしょうが、万が一、機を見誤って値下げしてしまうと損失はかなりのものです。早くから売却物件が値下げされると、まだ下がるかもと期待する買主が現れることでしょう。ですから、物件への問い合わせ数の推移などから分析し、売り出して半年が経過した頃になっても動きがないなら値下げを検討する段階としましょう。
任意売却は売ったとしても返さなくてはいけない住宅ローンが残る物件を売却する時に使用される呼び名で、略称は任売です。どうしても困ったら、任売をすれば、重くのしかかっていた住宅ローンの残りの額が減り、今までほどキツイ思いをしなくても返済することができるでしょう。

 

 

ですが、相手との交渉には専門知識と交渉力がいりますから、弁護士、あるいは、司法書士などに一任するというのが賢い選択です。

 

 

これと言ったもめ事さえなければ、家や土地を売却するにあたって生じる懸念材料は、せいぜい税金の納入について悩むくらいでしょう。
気を付けなくてはならないのは、住み替えに伴う際の売却で、売主が不利な局面に立たされる危険性があります。売りに出した不動産に買い手が現れると見越して、新居を購入した場合において、購入者がいないまま時間ばかりが流れて行き、新しい家の購入に充てるはずであった資金が用意できなくなると言ったことも考えられます。

 

 

 

買い手の気持ちを想像すればわかると思いますが、最初に提示した価格で不動産物件の売買が成立するのは稀で、買主がいちゃもんといいたくなるような口実で価格を下げるようにいうことが大半です。

 

 

予め価格交渉はされるものだと覚悟しておいて、いざそういわれたら、相手の事情を考慮してみてください。もし、これから住むために買うのなら、しっかり考えた上で、買うといってきたはずなので、いわれるがままに交渉に応じなくても、売却できるケースが多いです。

 

 

売却したい不動産の査定には、一括査定サービスサイトを使わない手はありません。なぜなら、最初から一社だけの査定しかとらないと、本来の相場がはっきりしないまま、物件を必要以上に安く売却してしまう結果になりかねないからです。
ですから、一括査定サービスを活用して複数の業者の査定額を突き合わせて、サービス内容が最も希望に合う業者に接触してみるのがポイントです。

 

 

不動産売却で利益を得た人は、ひょっとすると譲渡所得税の支払いが必要かもしれません。

 

 

 

不動産の所有期間が5年を超える長期だった場合、譲渡所得税は所得税と住民税がそれぞれ15%と5%の割合で計算されます。5年以下の所有期間だったのなら2倍の税率で納めます。

 

納付のタイミングは、所得税は売却の翌年2月16日から3月15日の間に一括納付し、他方、住民税の納付期限は4期に分かれているため、支払いも4回に分かれます。

 

競馬、もしくは、競艇といったギャンブルの払戻金、及び、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などに代表される、継続して得られる収入の他の臨時的に発生したお金は一時所得に区分されます。

 

不動産売却による収入も一時所得となりそうですが、これは譲渡所得といい、別の区分になります。
所得税額の算出時も一時所得と一緒には計算しません。変則的なこともありますので、確定申告をしっかり行ってください。